畑じょーじ/フードアナリストじょーじの気ままに食べ歩き

食べて美味しかったなぁと思ったお店などを紹介

「新宿DRAセブン "トリュフデミグラスハンバーグ セットドリンク"」新宿駅西口

f:id:foodanalystjoji:20210727120429j:plain

 

ランチに
トリュフデミグラスハンバーグ
セットドリンクをいただきました。
黒毛和牛と三元豚を使った
柔らかく、ジューシーなハンバーグが
トリュフを刻んだ
たくさんの野菜で煮込んだ
デミグラスソースにマッチした
ハンバーグ好きにオススメの逸品。
このデミグラスソース、
クセになりそう・・・。
*ご飯、味噌汁、サラダ付

f:id:foodanalystjoji:20210727120453j:plain


ランチメニューは、
このハンバーグのみです。
ご飯とお味噌汁は、1杯まで無料。
なので、どちらも1杯おかわりしました。
ご飯は、宮城県ヒノヒカリ
極厚の火釜で高温で炊きあげているので
ふっくらモチモチなのが特徴。

 

f:id:foodanalystjoji:20210727120516j:plain


プラス200円でセットドリンクに。
コーヒー(ICE、HOT)、
紅茶(ICE、HOT)、
オレンジジュース、
グレープフルーツジュース
自家製レモネードがあります。
アイスコーヒーをチョイス。

 

f:id:foodanalystjoji:20210727120543j:plain


ハンバーグ好きには
たまらいお店。

 

f:id:foodanalystjoji:20210727120605j:plain

 

食べログはこちら

 

「とんかつ神楽坂さくら "ひとくちかつ5種盛り定食セット"」馬事公苑店

f:id:foodanalystjoji:20210723011151j:plain

 

ひとくちかつ5種盛り定食セットを
いただきました。
バラサン、トロマキ、ヒレ
シャトンブリアン、メンチの5種。
厳選された銘柄豚のみを使っているので、
上質な脂身と
繊維が細かく柔らかい食感が楽しめます。

 

f:id:foodanalystjoji:20210723011215j:plain


バラサンは、
こってりと甘い脂を味わえるのが特徴。
トロマキは、
脂身と赤身のバランスがとれているのが特徴。
ヒレは、
肉の旨みが柔らかいのが特徴。
シャトンブリアンは、
ジューシーな赤身が特徴。
メンチは、
切り落としで作っているのが特徴。

 

f:id:foodanalystjoji:20210723011443j:plain


まずは、それぞれ、そのまま食べて、
本来の味を味わってからの
甘口、辛口のとんかつソースを
それぞれかけて食べると
1度に数度、味を楽しめます。
(定食セットは、ご飯、漬物、
味噌汁、キャベツ付)

 

f:id:foodanalystjoji:20210723011253j:plain


ご飯、味噌汁、キャベツは、
おかわり自由なんですよ。
もちろん、ご飯、味噌汁、キャベツを
おかわりしました。

来店時は、
20時閉店だったので、
19時30分でラストオーダー。
なので、夜ご飯を食べに行く時は、
お店に確認した方がいいかも・・・。
ラストオーダーが終わっても
おかわりはできますので、ご安心を。

とんかつ好きには
たまらないお店です。

 

f:id:foodanalystjoji:20210723011323j:plain

 

食べログはこちら

 

「おいしい寿司と活魚料理 魚の飯(さかなのまんま) "生本鮪大トロ丼"」調布(調布駅北口)

f:id:foodanalystjoji:20210718202249j:plain

 

久しぶりに
自分へのご褒美ということで、
ちょっと贅沢なランチを。

生本鮪大トロ丼を
いただきました。
口の中でとろけちゃうくらいの
新鮮な本マグロの大トロが
贅沢にのった一杯。
マグロ好きにはたまりません。
まずは、そのまま食べて、
本来の味を味わってからの
醤油をかけて食べると
1度に2度、味を楽しめます。

*味噌汁、小鉢、サラダ、おしんこ

 

f:id:foodanalystjoji:20210718202312j:plain

生本鮪大トロ丼の他に、
特選海鮮丼、生本鮪三昧丼、
生本鮪中トロ丼、うに丼      
うにいくら丼などがあります。

 

f:id:foodanalystjoji:20210718202339j:plain

 

 

お弁当のメニューもあり、
テイクアウトできるんですよ。
海鮮料理好きに
オススメのお店です。

 

f:id:foodanalystjoji:20210718202711j:plain

 

 

「燻製ダイニングMOKU ”燻製ビール&燻製料理」JR石川町駅中華街口(北口)

f:id:foodanalystjoji:20210717002146j:plain


*注:緊急事態宣言発令前の7月12日以前に
来店した時の内容となっております。

 

燻製盛り合わせ(1人前)を
いただきました。
はんぺん、横浜シュウマイ、
手羽先(国産)、ししゃも、和牛レバー、
レッドチェダーチーズ。
意外な燻製は、ししゃも。
食べたことなかったので、
新食感に出会えて、し・あ・わ・せ。
お酒がすすみます。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002203j:plain

 

タコスをいただきました。
熟成ベーコン、トマト、レタスとが
サルサソースにマッチした
タコス好きにはたまらない逸品。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002220j:plain

 

燻製半熟玉子とアボカドの
エスニックサラダを
いただきました。
燻製半熟玉子とアボカドの
旨みを味わえるサラダ。
実は、卵とアボカドを一緒に食べると
いいんですよ。
みなさん、ご存じでしたか?
アボカドに含まれている脂質は、
卵に多く含まれている
ビタミンDを吸収する助けが
あるからなんですよ。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002236j:plain

 

デザートに、
燻製ナッツとキャラメルソースのアイスを
いただきました。
燻製ナッツ、バニラアイスとが
キャラメルソースにマッチした逸品。
まさに、デザートにぴったり。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002256j:plain

 

今回は、偶然にもお店からのご厚意で
サービスしていただきました。
女将さん、曰く、
ごくまれにサービスすると
おっしゃってました。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002317j:plain


本来なら、
キッチンでやっている工程を
テーブルの目の前で
見せてくれました。
まさしく
ラッキーデーでしたw。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002359j:plain

 

ビールは、
燻製ビール
シュレンケア ヴァイツェン
飲みました。
燻製した大麦と
燻製していない小麦を使って造ったビールで、
爽やかな発泡性と燻製の香りが
味わうことができるんですよ。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002418j:plain

 

燻製ビール
シュレンケア メルツェンを
飲みました。
スモークしたモルトを使って造ったビールで、
燻製ビールならではの
スモーキーな香ばしさ、
ソフトな口当たりが特徴なんですよ。

 

両方とも、
ドイツビール好きにはもちろんのこと、
ビール好きにも飲んでもらいたいです。

 

燻製ビールを飲みながら、
燻製料理、デザートまで味わえるって、
最高です。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002455j:plain

 

余談ですが、
"木"と書いてある外の看板から、
店内のテーブル、棚、天井のペイント等、
イス以外は全て、
マスターの手作り(DIY)なんですよ。
女将さんから話を聞いて、
ビックリしました。
今まで食べ歩きしてきた中で、
ここまで手づくりのお店は、初めてかな・・・。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002512j:plain


愛情のこもったお店で、
料理をいただけて、
し・あ・わ・せ。

 

食べログはこちら

 

「スープカレーネイビーズ "ザンギおばさんのザンギのスープカレー"」横浜中華街店(石川町駅)

f:id:foodanalystjoji:20210713141601j:plain


ザンギおばさんの
ザンギのスープカレー
いただきました。
ニンジン、キャベツ、ナス、
じゃがいも、ゆで玉子、
ザンギ(鶏のから揚げ)とが
ほどよいスパイスの効いた
スープカレーにマッチした
ボリューム満点の逸品。
スープカレー好きには
たまりません。

ライスは、サフランライスです。

 

f:id:foodanalystjoji:20210713141618j:plain


*北海道では、"鶏のから揚げ"を
”ザンギ”と呼ぶんですよ。
ザンギおばさんとは、
北海道の山奥に住んでいる
都市伝説のような存在で、
秘伝の味つけを広める為に、
ザンギの布教活動をしている
謎の存在です。
札幌のネイビーズ本店で会えるかも!?

 

f:id:foodanalystjoji:20210713141644j:plain

 

~注文の流れ~
1、メニューからスープカレーを選びます。
ザンギおばさんのザンギのスープカレーの他に、
ホロホロ角煮と大根のスープカレー
肉汁溢れるハンバーグのスープカレー
季節の野菜を12時間使用したスープカレー
チキンレッグと季節の野菜カレーなどが
あります。

 

2、スープの種類を選びます。
*ロイヤルスープ(基本のスープ)は0円
*エビスープは+100円
*ココナッツスープは+100円
*エビココスープは+150円
(エビとココナッツスープ)
*Wココナッツスープは+150円
今回は、ロイヤルスープをチョイス。

 

3、辛さを選びます。
1-辛くない、2-少し辛い
3-中辛、4-辛い、
5-かなり、6-なまら(ものすごく)、
7-わや(むちゃくちゃ)、8-やばい、
9-スタッフまで、10-もう知らない
今回は、中辛をチョイス。
1~5までは0円、6~9までは+100円、10は+200円

 

4、ライスの量を選びます。
小盛(150g)、中盛(200g)は0円、
大盛(300g)は+100円、
特盛(450g)は+150円
今回は、中盛をチョイス。

 

f:id:foodanalystjoji:20210713141713j:plain

 

MIXベリーラッシーを
飲みました。
ココナッツ、ヨーグルトの
絶妙なバランスで美味。
ベリー好きにはたまらない一杯。
ラッシーって、
カレーに合いますよね。

 

MIXベリーラッシーの他に、
プレーンラッシー、ライチラッシー、
杏仁ラッシーがあります。

 

f:id:foodanalystjoji:20210713141739j:plain

 

2021年1月25日にオープン!!
紙エプロンがある親切なお店。
本店は、北海道札幌なんですよ。
スープカレー好きはもちろんのこと、
カレー好きにもオススメのお店です。

 

f:id:foodanalystjoji:20210713141800j:plain

 

食べログはこちら

 

「とんかつ ジーエス ”特選ロースカツ180g定食” 」新宿三丁目

f:id:foodanalystjoji:20210711101244j:plain


特選ロースカツ180g定食を

いただきました。
群馬県のブランド豚
上州せせらぎポークを
サクッと揚げた逸品。
甘くて柔らかく、
きめ細やかな肉質が特徴なんですよ。
ロースカツ好きにはたまりません。

 

f:id:foodanalystjoji:20210711101414j:plain


まずは、そのまま食べて、
肉本来の味を味わってから、
わさび醤油、マスタード
とんかつソース、
ヒマラヤピンク岩塩、
仏産ロレーヌ岩塩、
柚子ペッパーソースをつけて食べると
1度に何度も味を楽しめます。

 

f:id:foodanalystjoji:20210711101518j:plain


お好みで
キムチ、甘酢生姜と一緒に。

 

f:id:foodanalystjoji:20210711101549j:plain


ちなみに、
ヒマラヤピンク岩塩は、
まろやかでほんのり甘みがあり、

 

f:id:foodanalystjoji:20210711101618j:plain


仏産ロレーヌ岩塩は
すっきりした旨味があります。

 

f:id:foodanalystjoji:20210711101710j:plain


ご飯、キャベツが
おかわり自由なんですよ。
なので、両方とも
おかわりました。
オニオンドレッシングがあるので、
キャベツに。

 

f:id:foodanalystjoji:20210711101736j:plain


特選ロースカツ180g定食の他に、
上ロースカツ定食、上ヒレカツ定食、
カツとカレー、特製タレカツ丼などが
あります。

 

f:id:foodanalystjoji:20210711101802j:plain


閉店が20時なので、
ラストオーダーが19時30分と
なっております。
夜ご飯を食べに行く時は、
時間に気をつけて下さいね。
とんかつ好きには
たまらないお店。

 

食べログはこちら

 

「元祖油うどん 手練れ "漠盛りチャーシュー油うどん"」新宿御苑店

f:id:foodanalystjoji:20210708095209j:plain


漠盛りチャーシュー油うどんを

いただきました。
たっぷりのチャーシュー、
ネギ、メンマ、刻みのり、半熟玉子、
食物繊維が豊富な
”石臼挽き小麦”と”ふすま粉”を使った
油うどんとが
特製のタレにマッチした
チャーシュー、うどん好きには
たまらない逸品。(麺大盛り無料)
うどんの食感は、
少し歯ごたえがあるのが特徴です。
冷や盛りと熱盛りがあり、
今回は、冷や盛りをチョイス。

 

f:id:foodanalystjoji:20210708095240j:plain


まずは、数本の油うどんをすすり、
小麦粉本来の味を味わってから、
しっかりかき混ぜてうどんとタレを絡ませて
油うどんをすすります。
お好みで、りんご酢、ラー油をかけて
味の変化を楽しみます。
最後に、もち麦飯を残った
たれに入れて
おじや風に食べます。

漠盛りチャーシュー油うどんの他に、
元祖油うどん、明太温玉油うどん、
手練れつけ油うどん、温玉つけ油うどん、
ざる油うどん、辛痺れざる油うどんなどが
あります。

 

f:id:foodanalystjoji:20210708095313j:plain


~手練(てだ)れた食べ方~
*つけ油うどんの場合
まずは、数本のうどんをすすり、
小麦粉本来の味を味わってから、
レモンを少し油うどんに絞って
味の変化を楽しんでから、
背脂の効いたつけ汁に
油うどんをつけて食べます。
最後に、もち麦飯を残った
つけ汁に入れて
おじや風に食べます。

*ざる油うどんの場合
まずは、数本のうどんをすすり、
小麦粉本来の味を味わってから、
ざる油うどんをつゆに入れて食べます。
半分ぐらいうどんを食べたら、
つゆに玉子を割って、かき混ぜてから
ざる油うどんを食べる。
お好みで、ラー油を入れて
味の変化を楽しみます。
最後に、もち麦飯を残った
つゆに入れて
おじや風に食べます。

 

f:id:foodanalystjoji:20210708095344j:plain


*うどんの色が濃いのは、
小麦粉本来の色なんですよ。
今までに食べたうどんとは違う
新食感を味わえます。
元祖油うどんのお店で、
新食感に出会えて、し、あ、わ、せ。

紙エプロンがある親切なお店。
あと、駅から近いのもいい感じ。

 

f:id:foodanalystjoji:20210708095416j:plain

 

食べログはこちら