畑じょーじ/フードアナリストじょーじの気ままに食べ歩き

食べて美味しかったなぁと思ったお店などを紹介

「新宿 鮨 栞庵 やましろ 東口店 "コース料理 上 おまかせ江戸前握りとブランド和牛 13200円"」新宿駅東口

f:id:foodanalystjoji:20211015223653j:plain

緊急事態宣言解除後の
食べ歩き再開のお祝いと
自分へのご褒美として、
コース料理 上
おまかせ江戸前握りと
ブランド和牛 13200円を
いただきました。
~来店時のコース内容~
*ブランド和牛の握り
*季節の前菜/造里
*おまかせ江戸前握り
*黒毛和牛のしゃぶしゃぶ 小鍋仕立て
*本日の巻物
*お椀
*甘味

ブランド和牛の握りは、
黄身がのっていて、
肉の旨みと黄身が絡み合い、
肉好きはもちろんのこと、
肉食女子にもたまらない逸品。

f:id:foodanalystjoji:20211015223729j:plain

季節の前菜/造里は、
かつおの燻製の造り、
ホタテしんじょう、
まぐろの山かけ、
カニもずく酢。
燻製好きなので、
かつおの燻製の造りが出てきたのが
想定外だったので、嬉しかったです。

f:id:foodanalystjoji:20211015223757j:plain

おまかせ江戸前握りを
いただきました。
1品目は、
カナダで水揚げし空輸した
マグロの中トロ。

f:id:foodanalystjoji:20211015223821j:plain

2品目は、かすご。
かすごは、鯛の稚魚(10cmくらい)、
小鯛なんですよ。
小さくてもタイです。

f:id:foodanalystjoji:20211015223906j:plain

3品目は、
明石の真鯛

f:id:foodanalystjoji:20211015223933j:plain

4品目は、
カナダで水揚げし空輸した
マグロの赤身。

f:id:foodanalystjoji:20211015223953j:plain

5品目は、いくらの手巻き。

f:id:foodanalystjoji:20211015224059j:plain

6品目は、大トロ。

f:id:foodanalystjoji:20211015224125j:plain

7品目は、佐賀のこはだ。

f:id:foodanalystjoji:20211015224145j:plain

8品目は、厚焼き玉子。

f:id:foodanalystjoji:20211015224205j:plain

9品目は、穴子

f:id:foodanalystjoji:20211015224250j:plain黒毛和牛のしゃぶしゃぶ 小鍋仕立てを
いただきました。
鍋に野菜を入れて
黒毛和牛をしゃぶしゃぶし、
野菜と一緒に。

f:id:foodanalystjoji:20211015224314j:plain

これまた、
肉好きはもちろんのこと、
肉食女子にもたまらない逸品。

f:id:foodanalystjoji:20211015224335j:plain

本日の巻物は、
牛しぐれ煮の手巻き。
牛しぐれ煮だけを
お酒のつまみにして
少し食べてから、
手巻きにして食べると
1度で2度、味を楽しめます。

f:id:foodanalystjoji:20211015224411j:plain

ウニをいただきました。
コース外でウニの食べ比べができると
大将に言われたので、
コース外でウニを2品
別途オーダーし、
3種類のウニの食べ比べをしました。
写真の左からの順番に、
北海道昆布森のウニ、
三陸の紫ウニ、
北海道根室のウニ。
(コースについていたのは三陸の紫ウニのみ)
大将曰く、ウニは昆布を餌にしているので、
その土地の昆布によって
ウニの味が違うとおっしゃってました。
濃厚だったり、まろやかだったり。
カウンター席だったので、
大将とお話ができ、
勉強になる話が聞けて
よかったです。

f:id:foodanalystjoji:20211015224432j:plain

桜エビと塩エビの茶碗蒸しを
いただきました。
ポイントは、水抜きして
桜エビと塩エビを
揚げているところ。
ここの桜エビは、
貴重な国産ものなんですよ。
実は、桜エビ、
流通している8割が台湾産と
大将がおっしゃってました。
これまた、勉強になりました。

f:id:foodanalystjoji:20211015224452j:plain

お椀は、味噌汁。

f:id:foodanalystjoji:20211015224533j:plain

来店時の甘味は、
ぶどうとバニラアイスもなか。
ぶどうは、シャインマスカットと
ナガノパープル。
初めてナガノパープルを
食べました。
さわやかな甘さが特徴です。
実は、シャインマスカットと同等な
ぶどうなんですよ。

f:id:foodanalystjoji:20211015224550j:plain

日本酒は、お店のオススメ
梵・日本の翼と梵・夢は正夢の
2種類を飲みました。
梵・日本の翼は、
とても爽やかな吟醸香を楽しめ、
優しく柔らかな味が特徴です。
実は、平成8年に
アメリカのクリントン大統領が訪日した際に、
晩餐会で出されたお酒なんですよ。
当時は、吟の翼という名前でしたが、
のちに、海外で数々のコンクールを受賞、
それを機に
「日本を代表するお酒」という意味から
「日本の翼(WING OF JAPAN)」という名前に。

f:id:foodanalystjoji:20211015224605j:plain

梵・夢は正夢は、
どっしりとした深い香りを楽しめ、
しっとりとなめらかな味ながらも、
あと味が切れるのが特徴です。
実は、元ニューヨークヤンキース
松井秀喜さんが
ワールドシリーズ
チャンピオンになった際に
飲んで頂く日本酒として、
蔵元の夫妻から
松井秀喜さんに贈られた
お酒なんですよ。

f:id:foodanalystjoji:20211015224638j:plain

料理の器も美しく、
味はもちろんのこと、
見た目も楽しめるのが
最高です。
たまには、
回転しないお寿司をいただいて
英気を養うのも乙なもの。

f:id:foodanalystjoji:20211015224737j:plain

食べログはこちら

 

「TOKYO MEAT PASTA Re.TOSCANA "ワインを味わいながらの食事"」三軒茶屋

f:id:foodanalystjoji:20211010132257j:plain

生マッシュルームと生ハムを
いただきました。
仕上げにチーズを
かけてくれるんですよ。
生マッシュルーム、生ハム、チーズとが
ハーブ塩、トリュフオイルに
マッチした逸品。
マッシュルーム、生ハム好きに
オススメです。
ワインは、
ソーニョミオ ロッソ 赤と一緒に。
ワインがすすみますw。

f:id:foodanalystjoji:20211010132329j:plain

マッシュポテトのチーズ焼きを
いただきました。
仕上げにバーナーで炙るんですよ。
マッシュポテト好きには
たまらない逸品。

f:id:foodanalystjoji:20211010132429j:plain

秋限定の
シイタケの白ワインソテーを
いただきました。
シイタケに白ワインがしみこみ絶妙な逸品に。
かつお節ならぬ”とりぶし”が
かかっているのがワンポイント。
これがまた、料理を引き立ててくれます。
実は、隠し味に白ワインにハチミツを
加えているんですよ。
ワインは、
ソーニョミオ ロッソ 白と一緒に。

f:id:foodanalystjoji:20211010132455j:plain

牛タンのタリアータを
いただきました。
仕上げにこちらも
チーズをかけるんですよ。
つぶつぶのマスタードがのっていて
口の中で弾けます。
店長さん曰く、
開発するのが大変だったと
おっしゃってました。
あと、ワンポイントに
アップルビネガー(リンゴ酢)を
使っていることも。
ワインは、
レッジメンテシチリア 赤と一緒に。

f:id:foodanalystjoji:20211010132515j:plain

お通しは、
リバームースもなかと赤ワイン。
木いちご、ベリーソースが
もなかに合います。
来店時の赤ワインは、バルベーラコメディ。
バルベーラコメディは、
香り豊かなワインです。
この組み合わせは、
お通しにとは思えないくらい。

f:id:foodanalystjoji:20211010132543j:plain

緊急事態宣言が解除され、
お酒が解禁になって、
よかった、よかった。
ワインを味わいながらの食事は、
本当に久しぶりだったので、
グビグビ飲んじゃいましたw。
飲んだワインは、ハウスワイン
ソーニョミオ ロッソ 赤と
ソーニョミオ ロッソ 白。
そして、最後の1杯に
レッジメンテシチリア 赤を。

ソーニョミオ ロッソ 赤は、
イタリアトスカーナ州のワインで
飲み口がスムーズなのが特徴です。

f:id:foodanalystjoji:20211010132613j:plain

ソーニョミオ ロッソ 白は、
イタリアトスカーナ州のワインで
チェリーやラズベリーの香りと、
円やかなタンニン、スパイスの風味が特徴です。

上記、2つのワインは、
ハウスワインで、
リーズナブルかつ美味しいので
迷ったら、飲んでみて下さいね。

f:id:foodanalystjoji:20211010132638j:plain

レッジメンテシチリア 赤は、
イタリアシチリアのワインで、
飲み口が甘いのが特徴です。
甘いワインが好きな方にオススメ。

f:id:foodanalystjoji:20211010132702j:plain

お酒が解禁になって改めて思ったことは、
料理とお酒は一体であること。
お酒が料理を引き立て、
料理がお酒を引き立ているんだなぁと
しみじみ感じた瞬間でした。

f:id:foodanalystjoji:20211010132726j:plain

ワイン好きはもちろんのこと、
イタリアン好きにもオススメのお店です。

 

食べログはこちら

 

「MK CAFE "10年間の営業に幕!!"」大久保

f:id:foodanalystjoji:20210831125536j:plain


2021年8月29日をもって

10年間の営業に幕!!
緊急事態宣言で、
食べ歩き自粛中ではありましたが、
最後のご挨拶と
お祝い金を渡すのをかねて
最後の訪店へ。
鯖バーガーになる前の
鯖マフィン時代、
約6~7年前に
初めて訪店してから
今日に至るまで、
美味しい料理をいろいろと
いただきました。

 

f:id:foodanalystjoji:20210831125613j:plain


営業日最終日に来店し、
鶏カツ、タコライス
いただきました。
ドリンクは、
ごぼう茶(水だしごぼう茶) アイス、
アイスコーヒーを飲みました。

鶏カツをいただきました。
衣は、サクサクで、中身は柔らかく、
鶏カツ好きにはたまらない逸品。
鶏カツのソースは、タルタルソース、
チーズカレーをチョイス。

いろいろな鶏カツのソースを選べるので、
マヨラーにもたまりません。
みなさんは、何をチョイスしますか?
タルタルソース、カレーマヨネーズ以外に
マヨネーズ、わさびマヨネーズ、チーズ、
明太マヨネーズ、ガーリックマヨネーズ、
キムチマヨネーズ、チリマヨネーズ、
カレーマヨネーズ、たこ焼き風、
ゆずとすだちの鬼おろしポン酢があります。

 

f:id:foodanalystjoji:20210831125636j:plain


タコライスをいただきました。
鯖をトッピング。
沖縄県産の黒糖を混ぜた特製サルサ
イタリアンチェダーチーズ、
スティリーノシュレッドチーズ、
モッツアレラチーズの3種のチーズ、
刻みトマト、麦ごはんとがマッチした
タコライス好きにはたまらない逸品。

ワンポイントは、
3種のチーズが入っていて、
特製サルサと絶妙に絡み、
いいアクセントになっているところ。
辛さは、ピリ辛で、くせになる味です。
さすが、健康志向のカフェだけあって、
ご飯は、麦ごはん。

 

f:id:foodanalystjoji:20210831125701j:plain


残念ながら、
鯖バーガーは、
来店時、売り切れで
食べられなかったので、
沖縄に行った時の
お・た・の・し・み。

 

f:id:foodanalystjoji:20210831125721j:plain


今後は、沖縄県瀬長島にある
ウミカジテラスに移転しての営業に。

 

食べログはこちら

 

「新宿DRAセブン "トリュフデミグラスハンバーグ セットドリンク"」新宿駅西口

f:id:foodanalystjoji:20210727120429j:plain

 

ランチに
トリュフデミグラスハンバーグ
セットドリンクをいただきました。
黒毛和牛と三元豚を使った
柔らかく、ジューシーなハンバーグが
トリュフを刻んだ
たくさんの野菜で煮込んだ
デミグラスソースにマッチした
ハンバーグ好きにオススメの逸品。
このデミグラスソース、
クセになりそう・・・。
*ご飯、味噌汁、サラダ付

f:id:foodanalystjoji:20210727120453j:plain


ランチメニューは、
このハンバーグのみです。
ご飯とお味噌汁は、1杯まで無料。
なので、どちらも1杯おかわりしました。
ご飯は、宮城県ヒノヒカリ
極厚の火釜で高温で炊きあげているので
ふっくらモチモチなのが特徴。

 

f:id:foodanalystjoji:20210727120516j:plain


プラス200円でセットドリンクに。
コーヒー(ICE、HOT)、
紅茶(ICE、HOT)、
オレンジジュース、
グレープフルーツジュース
自家製レモネードがあります。
アイスコーヒーをチョイス。

 

f:id:foodanalystjoji:20210727120543j:plain


ハンバーグ好きには
たまらいお店。

 

f:id:foodanalystjoji:20210727120605j:plain

 

食べログはこちら

 

「とんかつ神楽坂さくら "ひとくちかつ5種盛り定食セット"」馬事公苑店

f:id:foodanalystjoji:20210723011151j:plain

 

ひとくちかつ5種盛り定食セットを
いただきました。
バラサン、トロマキ、ヒレ
シャトンブリアン、メンチの5種。
厳選された銘柄豚のみを使っているので、
上質な脂身と
繊維が細かく柔らかい食感が楽しめます。

 

f:id:foodanalystjoji:20210723011215j:plain


バラサンは、
こってりと甘い脂を味わえるのが特徴。
トロマキは、
脂身と赤身のバランスがとれているのが特徴。
ヒレは、
肉の旨みが柔らかいのが特徴。
シャトンブリアンは、
ジューシーな赤身が特徴。
メンチは、
切り落としで作っているのが特徴。

 

f:id:foodanalystjoji:20210723011443j:plain


まずは、それぞれ、そのまま食べて、
本来の味を味わってからの
甘口、辛口のとんかつソースを
それぞれかけて食べると
1度に数度、味を楽しめます。
(定食セットは、ご飯、漬物、
味噌汁、キャベツ付)

 

f:id:foodanalystjoji:20210723011253j:plain


ご飯、味噌汁、キャベツは、
おかわり自由なんですよ。
もちろん、ご飯、味噌汁、キャベツを
おかわりしました。

来店時は、
20時閉店だったので、
19時30分でラストオーダー。
なので、夜ご飯を食べに行く時は、
お店に確認した方がいいかも・・・。
ラストオーダーが終わっても
おかわりはできますので、ご安心を。

とんかつ好きには
たまらないお店です。

 

f:id:foodanalystjoji:20210723011323j:plain

 

食べログはこちら

 

「おいしい寿司と活魚料理 魚の飯(さかなのまんま) "生本鮪大トロ丼"」調布(調布駅北口)

f:id:foodanalystjoji:20210718202249j:plain

 

久しぶりに
自分へのご褒美ということで、
ちょっと贅沢なランチを。

生本鮪大トロ丼を
いただきました。
口の中でとろけちゃうくらいの
新鮮な本マグロの大トロが
贅沢にのった一杯。
マグロ好きにはたまりません。
まずは、そのまま食べて、
本来の味を味わってからの
醤油をかけて食べると
1度に2度、味を楽しめます。

*味噌汁、小鉢、サラダ、おしんこ

 

f:id:foodanalystjoji:20210718202312j:plain

生本鮪大トロ丼の他に、
特選海鮮丼、生本鮪三昧丼、
生本鮪中トロ丼、うに丼      
うにいくら丼などがあります。

 

f:id:foodanalystjoji:20210718202339j:plain

 

 

お弁当のメニューもあり、
テイクアウトできるんですよ。
海鮮料理好きに
オススメのお店です。

 

f:id:foodanalystjoji:20210718202711j:plain

 

 

「燻製ダイニングMOKU ”燻製ビール&燻製料理」JR石川町駅中華街口(北口)

f:id:foodanalystjoji:20210717002146j:plain


*注:緊急事態宣言発令前の7月12日以前に
来店した時の内容となっております。

 

燻製盛り合わせ(1人前)を
いただきました。
はんぺん、横浜シュウマイ、
手羽先(国産)、ししゃも、和牛レバー、
レッドチェダーチーズ。
意外な燻製は、ししゃも。
食べたことなかったので、
新食感に出会えて、し・あ・わ・せ。
お酒がすすみます。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002203j:plain

 

タコスをいただきました。
熟成ベーコン、トマト、レタスとが
サルサソースにマッチした
タコス好きにはたまらない逸品。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002220j:plain

 

燻製半熟玉子とアボカドの
エスニックサラダを
いただきました。
燻製半熟玉子とアボカドの
旨みを味わえるサラダ。
実は、卵とアボカドを一緒に食べると
いいんですよ。
みなさん、ご存じでしたか?
アボカドに含まれている脂質は、
卵に多く含まれている
ビタミンDを吸収する助けが
あるからなんですよ。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002236j:plain

 

デザートに、
燻製ナッツとキャラメルソースのアイスを
いただきました。
燻製ナッツ、バニラアイスとが
キャラメルソースにマッチした逸品。
まさに、デザートにぴったり。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002256j:plain

 

今回は、偶然にもお店からのご厚意で
サービスしていただきました。
女将さん、曰く、
ごくまれにサービスすると
おっしゃってました。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002317j:plain


本来なら、
キッチンでやっている工程を
テーブルの目の前で
見せてくれました。
まさしく
ラッキーデーでしたw。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002359j:plain

 

ビールは、
燻製ビール
シュレンケア ヴァイツェン
飲みました。
燻製した大麦と
燻製していない小麦を使って造ったビールで、
爽やかな発泡性と燻製の香りが
味わうことができるんですよ。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002418j:plain

 

燻製ビール
シュレンケア メルツェンを
飲みました。
スモークしたモルトを使って造ったビールで、
燻製ビールならではの
スモーキーな香ばしさ、
ソフトな口当たりが特徴なんですよ。

 

両方とも、
ドイツビール好きにはもちろんのこと、
ビール好きにも飲んでもらいたいです。

 

燻製ビールを飲みながら、
燻製料理、デザートまで味わえるって、
最高です。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002455j:plain

 

余談ですが、
"木"と書いてある外の看板から、
店内のテーブル、棚、天井のペイント等、
イス以外は全て、
マスターの手作り(DIY)なんですよ。
女将さんから話を聞いて、
ビックリしました。
今まで食べ歩きしてきた中で、
ここまで手づくりのお店は、初めてかな・・・。

 

f:id:foodanalystjoji:20210717002512j:plain


愛情のこもったお店で、
料理をいただけて、
し・あ・わ・せ。

 

食べログはこちら