畑じょーじ/フードアナリストじょーじの気ままに食べ歩き

食べて美味しかったなぁと思ったお店などを紹介

「TOKYO MEAT PASTA Re.TOSCANA "ワインを味わいながらの食事"」三軒茶屋

f:id:foodanalystjoji:20211010132257j:plain

生マッシュルームと生ハムを
いただきました。
仕上げにチーズを
かけてくれるんですよ。
生マッシュルーム、生ハム、チーズとが
ハーブ塩、トリュフオイルに
マッチした逸品。
マッシュルーム、生ハム好きに
オススメです。
ワインは、
ソーニョミオ ロッソ 赤と一緒に。
ワインがすすみますw。

f:id:foodanalystjoji:20211010132329j:plain

マッシュポテトのチーズ焼きを
いただきました。
仕上げにバーナーで炙るんですよ。
マッシュポテト好きには
たまらない逸品。

f:id:foodanalystjoji:20211010132429j:plain

秋限定の
シイタケの白ワインソテーを
いただきました。
シイタケに白ワインがしみこみ絶妙な逸品に。
かつお節ならぬ”とりぶし”が
かかっているのがワンポイント。
これがまた、料理を引き立ててくれます。
実は、隠し味に白ワインにハチミツを
加えているんですよ。
ワインは、
ソーニョミオ ロッソ 白と一緒に。

f:id:foodanalystjoji:20211010132455j:plain

牛タンのタリアータを
いただきました。
仕上げにこちらも
チーズをかけるんですよ。
つぶつぶのマスタードがのっていて
口の中で弾けます。
店長さん曰く、
開発するのが大変だったと
おっしゃってました。
あと、ワンポイントに
アップルビネガー(リンゴ酢)を
使っていることも。
ワインは、
レッジメンテシチリア 赤と一緒に。

f:id:foodanalystjoji:20211010132515j:plain

お通しは、
リバームースもなかと赤ワイン。
木いちご、ベリーソースが
もなかに合います。
来店時の赤ワインは、バルベーラコメディ。
バルベーラコメディは、
香り豊かなワインです。
この組み合わせは、
お通しにとは思えないくらい。

f:id:foodanalystjoji:20211010132543j:plain

緊急事態宣言が解除され、
お酒が解禁になって、
よかった、よかった。
ワインを味わいながらの食事は、
本当に久しぶりだったので、
グビグビ飲んじゃいましたw。
飲んだワインは、ハウスワイン
ソーニョミオ ロッソ 赤と
ソーニョミオ ロッソ 白。
そして、最後の1杯に
レッジメンテシチリア 赤を。

ソーニョミオ ロッソ 赤は、
イタリアトスカーナ州のワインで
飲み口がスムーズなのが特徴です。

f:id:foodanalystjoji:20211010132613j:plain

ソーニョミオ ロッソ 白は、
イタリアトスカーナ州のワインで
チェリーやラズベリーの香りと、
円やかなタンニン、スパイスの風味が特徴です。

上記、2つのワインは、
ハウスワインで、
リーズナブルかつ美味しいので
迷ったら、飲んでみて下さいね。

f:id:foodanalystjoji:20211010132638j:plain

レッジメンテシチリア 赤は、
イタリアシチリアのワインで、
飲み口が甘いのが特徴です。
甘いワインが好きな方にオススメ。

f:id:foodanalystjoji:20211010132702j:plain

お酒が解禁になって改めて思ったことは、
料理とお酒は一体であること。
お酒が料理を引き立て、
料理がお酒を引き立ているんだなぁと
しみじみ感じた瞬間でした。

f:id:foodanalystjoji:20211010132726j:plain

ワイン好きはもちろんのこと、
イタリアン好きにもオススメのお店です。

 

食べログはこちら