畑じょーじ/フードアナリストじょーじの気ままに食べ歩き

食べて美味しかったなぁと思ったお店などを紹介

「新宿 鮨 栞庵 やましろ 東口店 "コース料理 上 おまかせ江戸前握りとブランド和牛 13200円"」新宿駅東口

f:id:foodanalystjoji:20211015223653j:plain

緊急事態宣言解除後の
食べ歩き再開のお祝いと
自分へのご褒美として、
コース料理 上
おまかせ江戸前握りと
ブランド和牛 13200円を
いただきました。
~来店時のコース内容~
*ブランド和牛の握り
*季節の前菜/造里
*おまかせ江戸前握り
*黒毛和牛のしゃぶしゃぶ 小鍋仕立て
*本日の巻物
*お椀
*甘味

ブランド和牛の握りは、
黄身がのっていて、
肉の旨みと黄身が絡み合い、
肉好きはもちろんのこと、
肉食女子にもたまらない逸品。

f:id:foodanalystjoji:20211015223729j:plain

季節の前菜/造里は、
かつおの燻製の造り、
ホタテしんじょう、
まぐろの山かけ、
カニもずく酢。
燻製好きなので、
かつおの燻製の造りが出てきたのが
想定外だったので、嬉しかったです。

f:id:foodanalystjoji:20211015223757j:plain

おまかせ江戸前握りを
いただきました。
1品目は、
カナダで水揚げし空輸した
マグロの中トロ。

f:id:foodanalystjoji:20211015223821j:plain

2品目は、かすご。
かすごは、鯛の稚魚(10cmくらい)、
小鯛なんですよ。
小さくてもタイです。

f:id:foodanalystjoji:20211015223906j:plain

3品目は、
明石の真鯛

f:id:foodanalystjoji:20211015223933j:plain

4品目は、
カナダで水揚げし空輸した
マグロの赤身。

f:id:foodanalystjoji:20211015223953j:plain

5品目は、いくらの手巻き。

f:id:foodanalystjoji:20211015224059j:plain

6品目は、大トロ。

f:id:foodanalystjoji:20211015224125j:plain

7品目は、佐賀のこはだ。

f:id:foodanalystjoji:20211015224145j:plain

8品目は、厚焼き玉子。

f:id:foodanalystjoji:20211015224205j:plain

9品目は、穴子

f:id:foodanalystjoji:20211015224250j:plain黒毛和牛のしゃぶしゃぶ 小鍋仕立てを
いただきました。
鍋に野菜を入れて
黒毛和牛をしゃぶしゃぶし、
野菜と一緒に。

f:id:foodanalystjoji:20211015224314j:plain

これまた、
肉好きはもちろんのこと、
肉食女子にもたまらない逸品。

f:id:foodanalystjoji:20211015224335j:plain

本日の巻物は、
牛しぐれ煮の手巻き。
牛しぐれ煮だけを
お酒のつまみにして
少し食べてから、
手巻きにして食べると
1度で2度、味を楽しめます。

f:id:foodanalystjoji:20211015224411j:plain

ウニをいただきました。
コース外でウニの食べ比べができると
大将に言われたので、
コース外でウニを2品
別途オーダーし、
3種類のウニの食べ比べをしました。
写真の左からの順番に、
北海道昆布森のウニ、
三陸の紫ウニ、
北海道根室のウニ。
(コースについていたのは三陸の紫ウニのみ)
大将曰く、ウニは昆布を餌にしているので、
その土地の昆布によって
ウニの味が違うとおっしゃってました。
濃厚だったり、まろやかだったり。
カウンター席だったので、
大将とお話ができ、
勉強になる話が聞けて
よかったです。

f:id:foodanalystjoji:20211015224432j:plain

桜エビと塩エビの茶碗蒸しを
いただきました。
ポイントは、水抜きして
桜エビと塩エビを
揚げているところ。
ここの桜エビは、
貴重な国産ものなんですよ。
実は、桜エビ、
流通している8割が台湾産と
大将がおっしゃってました。
これまた、勉強になりました。

f:id:foodanalystjoji:20211015224452j:plain

お椀は、味噌汁。

f:id:foodanalystjoji:20211015224533j:plain

来店時の甘味は、
ぶどうとバニラアイスもなか。
ぶどうは、シャインマスカットと
ナガノパープル。
初めてナガノパープルを
食べました。
さわやかな甘さが特徴です。
実は、シャインマスカットと同等な
ぶどうなんですよ。

f:id:foodanalystjoji:20211015224550j:plain

日本酒は、お店のオススメ
梵・日本の翼と梵・夢は正夢の
2種類を飲みました。
梵・日本の翼は、
とても爽やかな吟醸香を楽しめ、
優しく柔らかな味が特徴です。
実は、平成8年に
アメリカのクリントン大統領が訪日した際に、
晩餐会で出されたお酒なんですよ。
当時は、吟の翼という名前でしたが、
のちに、海外で数々のコンクールを受賞、
それを機に
「日本を代表するお酒」という意味から
「日本の翼(WING OF JAPAN)」という名前に。

f:id:foodanalystjoji:20211015224605j:plain

梵・夢は正夢は、
どっしりとした深い香りを楽しめ、
しっとりとなめらかな味ながらも、
あと味が切れるのが特徴です。
実は、元ニューヨークヤンキース
松井秀喜さんが
ワールドシリーズ
チャンピオンになった際に
飲んで頂く日本酒として、
蔵元の夫妻から
松井秀喜さんに贈られた
お酒なんですよ。

f:id:foodanalystjoji:20211015224638j:plain

料理の器も美しく、
味はもちろんのこと、
見た目も楽しめるのが
最高です。
たまには、
回転しないお寿司をいただいて
英気を養うのも乙なもの。

f:id:foodanalystjoji:20211015224737j:plain

食べログはこちら